FC2ブログ

トップ  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >  日記  >  親方と千よ新

--年--月--日 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランスかぶれ。 | トップページへ戻る | カメラ談義。

このページのトップに戻る

2009年01月16日 親方と千よ新



『嫌いな人や嫌いなことから、逃げないで、
 逆に、自分からぶつかって、
 そいつを知って、理解して、攻略して、
 そして、最後に勝ってしまえばいいから』
                          千よ新 親方
##################################
大学1年の夏から、働いていた日本料理やでのアルバイトを卒業しました。

卒業する人がラストに入った日に、バイト終わりにするセレモニー?儀式??があります。
いつも、自分は見送る側で、卒業する先輩たちが泣いて、記念写真を撮って・・・
という姿を見てきたけれど、

まさか、自分もこんなに泣くとは思わなかったなー。

手紙、花束、プレゼント・・・果ては、ロマンドロールの割引券まで!
たくさんの言葉と、プレゼントありがとうございました。                                    
IMG_3765_convert_20090116095840.jpg

優等生ぶって生きてきたもので、
これまで、大人に怒鳴りつけられる経験がなく、
はじめて、親方に怒鳴りつけられた時は、
ただ、とまどいと驚きと。

その後も、親方とは、何戦か交え、
怒られては、すぐに顔にでるから、
それによって、さらに、怒られ・・・
若かったなー、私も。

負けず嫌いが顔を出して、
いつか、親方に認めさせてやる!
親方が文句の言いようがない、仕事してやる!
と、やってきた気がします。

「本当に怖いのは、人に呆れられて怒られなくなったときだ」
ただ、口だけ優しいコトを言うのは、
本当に優しいってことじゃない。

3年間。
親方が作るお造りがキレイで、
仕事帰りに通う常連さんがいて、
何かの記念日に予約してきてくれる老夫婦がいて、
毎月、奥さんに内緒で、お酒と会席料理をこっそり楽しんで帰るおじいさんがいて、
親方の人柄を慕う常連さんがいて、

人との出会いを大切にするお店で、
私も、働けたこと。
感謝して。
千よ新で学んだ親方の職人魂を
いつか、どんな形かで生かして、
仕事をしていきたいと思います。






スポンサーサイト

フランスかぶれ。 | トップページへ戻る | カメラ談義。

このページのトップに戻る

コメント

このページのトップに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。